現在地

サイトの使い方

データの探し方

検索

 すでに調べたい分野が決まっている場合は,トップページのリストや組織などから選択して下さい。

  • 「リスト」「統計のリスト」「組織」をクリックすると一覧が表示されますので,そこから選択してください。
  • 「観光・産業」「文化・芸術」などの分野に表示されている数字は,各分野に登録されているデータセットの件数です。クリックすると,各分野で絞り込まれたデータの一覧が表示されます。
  • 分野は以下のとおり,大分類,中分類,小分類で絞り込むことができます。

 調べたい分野などが定まっていない場合は,調べたい言葉(キーワード)から,データを検索することができます。

1. 検索ボックスに調べたいキーワードを入力して,「検索」ボタンをクリックします。
2. キーワードにヒットするデータが表示されます。

 なお,画面右上にある「サイト内検索」は,データを除く京都市ポータルサイト内全体の検索が可能ですので,アプリやよくある質問等をお探しの場合にお使いください。

 

絞り込み

 検索結果が多すぎる場合は,検索キーワードを見直すか,以下の手順でデータをさらに絞り込むことができます。

1. 検索結果の左側にある,「◯◯で絞り込み」という項目をクリックします。
2. 絞り込み可能な項目が表示されるので,クリックします。
3. 絞り込んだ項目で検索結果が表示されます。

 例えば Excel(エクセル)データが欲しい場合,「フォーマットで絞り込み」から「xls」を選びます

 

データのダウンロード場所

 本システムでは,データのまとまりを「データセット」といい,その中にまとめられているデータを「データリソース」といいます。
たとえば「京都市の人口統計」という名前のデータセットには,「平成28年の人口統計」や「平成27年の人口統計」などのCSVデータが「データリソース」として入っています。
ダウンロードして活用できるのは,CSVなどの実際のデータ,つまり「データリソース」です。

 以下の手順でダウンロードできます。

1. あらかじめ検索した結果から,利用したいデータセットをクリックします。

2. 表示された「データリソース」の一覧の右側にある「ダウンロード」ボタンをクリックすると,パソコンにダウンロードされます。

 

プレビューの使い方

 通常,データはパソコンなどにダウンロードして確認しますが,「プレビュー」機能が有効なデータは,その内容をダウンロード前に確認することができます。プレビューできるデータは,以下の手順で表示できます。(「プレビュー」ボタンが表示されていないデータは,プレビューできません)

1. あらかじめ検索した結果から,利用したいデータセットをクリックします。

2. 表示された「データリソース」の一覧の右側にある「プレビュー」ボタンをクリックすると,プレビュー画面が表示されます。

 プレビュー形式は3通りあり,複数のプレビュー形式が可能なデータもあります。
その場合はプレビュー画面にあるボタンをクリックすると,表示を切り替えることができます。

 

(1) 表形式

 エクセルやCSVなどのデータに多く見られるプレビュー形式です。
たくさんのデータが登録されている場合は,縦や横にスクロールすると,データの全容を確認できます。
数値を変更して表示件数を変えたり,キーワードを入力して目的の値を検索することも可能です。

※実際のデータと表のプレビューは異なる場合があります。
 

(2) 地図形式

 緯度と経度を含むデータなどは,地図形式でプレビューすることが可能です。
以下の手順で緯度と経度を指定すると,データを地図上で視覚的に確認できます。

1. 「プレビュー(地図)」ボタンをクリックし,画面の右側で「Latitude field(緯度)」と「Longitude field(経度)」をそれぞれ選びます。

2. 地図にデータが表示されます。表形式同様にデータの表示件数を変更したり,値を検索することも可能です。

 

(3) グラフ形式

折れ線グラフや棒グラフで表されるデータです。以下の手順でグラフを表示できます。

1. プレビュー(グラフ)をクリックし,画面の右側でグラフの形式を選びます。まずは折れ線グラフを表示するため,「Points and Lines」を選びましょう。併せて,横軸に設定したい項目も選択します。

2. 横軸の項目を設定すると自動的にグラフが表示されますが、このまま縦軸に設定したい項目を選択します。

3. 折れ線グラフが表示されました。データが多くて横軸が見にくいので、画面右にある「Resize graph to prevent label overlapping」をクリックしてチェックを入れましょう。

4. 横軸の項目が見やすくなりました。横スクロールしてデータを表示できます。表形式同様、表示件数を変更したり、目的の値を検索することも可能です。

5. 右側のグラフのタイプで「Columns」を選択すると、棒グラフを表示します。横軸が見にくいので、折れ線グラフの表示と同様に「Resize graph to prevent label overlapping」をクリックしましょう。

6. 棒グラフも見やすくなりました。