現在地

事例紹介

 本サイトのデータは様々な方法や用途でご活用いただけます。 このページでは,参考となる代表的な事例をご紹介します。

京都の宿泊施設(地図による可視化の取組)

【京都の宿泊施設一覧 (平成30年4月末日)】  

 立命館大学文学部地理学教室では,京都市がオープンデータとして提供している「旅館業法に基づく宿泊許可施設一覧」の住所情報をもとにアドレスマッチングして,地図上での可視化に取り組んでいます。市内では,過去数年間で簡易宿所等を中心に宿泊施設が急増しており,そのことが上の図からも視覚的にも確認できます。

【ArcGISOnline アドレス(http://arcg.is/1DC8iX)】

 当サイトの情報はCC-BYとして提供いたしますので,データはどのように使っていただいて構いません(画像を使用する場合にはesri,HERE等のロゴの付いた状態でキャプチャし,電子化または印刷して頂ければ幸いです。)。

 当サイトのアドレスマッチングには一部不完全なものもあるかもしれません。位置が正確に反映できていないなどの事情により,利用者等に何らかの損害が発生したとしても,かかる損害については一切の責任を負いませんのでご了承くさだい。
 また,明らかな位置情報の間違いなどがございましたら,サイトの品質向上のため,該当する箇所をお知らせいただけると幸いです(オープンデータポータルサイトの問い合わせフォーム等をご活用ください。)。
 
提供:立命館大学文学部地理学教室

大学における活用

【データ分析結果発表会「京都市オープンデータに基づくデータサイエンティスト活動の実践」】

 京都大学工学部情報学科では,オープンデータを分析して定量化・可視化し,課題解決や行政活動を支援することを「学」の役割と捉え,京都市のオープンデータの分析を授業の一環として行っています。

 平成29年1月27日には,数理工学セミナーの一環として6名の学生が行ったデータ分析結果発表会「京都市オープンデータに基づくデータサイエンティスト活動の実践」を開催し,京都市オープンデータポータルサイトのデータを活用した分析結果を報告しました。発表テーマと活用したデータは以下のとおりです。

発表テーマ 活用したデータ
京都市の将来人口推定 人口統計
下京区の高齢化率に関する考察 人口統計
京都市における小売業・卸売業の就業者数と年間商品販売額の関係分析 商業統計
データから見る京都市の防災 指定避難所等一覧,AED位置情報 など
京野菜のブランド力調査 京都市中央卸売市場第一市場 年報
京都の修学旅行客の地方別比較 京都観光総合調査

API機能の活用(データの可視化)

【家計調査ランキングアプリ】

 API機能とは,プログラムなどでデータを取得できる機能のことです。
 この「家計調査ランキングアプリ」では,本サイトで公開している「API用家計調査データ(消費支出金額)」,「API用家計調査データ(消費支出購入数量編)」をプログラムで取得し,WEB上に表示しています。
 また,csv形式の元データを,グラフやランキング表示等で分かりやすくWeb上に表示(=可視化)するよう工夫しています。

スマートフォンアプリにおける活用

 【いしぶみアプリ】

 このアプリは,京都市歴史資料館の「いしぶみ名称・住所・位置情報」を利活用して,京都市内の民間企業グループ「京なかGOZAN(きょうなかござん)」開発しました。京都に点在する1,400以上のいしぶみ(石碑,道標)の検索,ルート案内等ができるアプリです。